IDENTITY白川町

白川高校
2016.10.3 Iori Amakawa

夕日が美しい「空の遊び場」で遊ぼう!大野台パークをドローンで撮ってみた

白川町、河岐地区。国道41号線から白川地区に入ったすぐの場所にある、白川沿いの地区です。

河岐地区の入り口から、更に車で10分山を登った先に、「空の遊び場」はあります。

白川町の中にある豊かな自然や風景を今話題のドローンで撮り、その土地の歴史やオススメの歩き方を添えてお送りするこの企画。

第2回は、白川町のスポーツ施設「大野台パーク」をドローンで撮影しました。

山にそびえ立つ学び舎の歴史

岐阜県立白川高等学校は、1976年に開設された学校。

2007年に岐阜県立加茂高等学校白川校舎となり、2009年に残念ながら廃校となりました。

現在はグラウンドと体育館が整備され、誰でも利用できるスポーツ施設として復活。

野球やソフトボールなど、町内外の人から活用されるスポーツ施設として活用されています。

大野台パーク 体育館

自動車での通行が可能な道路が整備されており、学生が徒歩で通学していた旧道はほとんど使用されていません。

オススメの歩き方

町の中から離れた山の上にあるからこそ生まれる秘密基地感。

山に囲まれた校舎の独特の空気感もまた、ここにしか無い魅力。グラウンドの上に駐車場がありますので、そこから山間の校舎・グラウンドを歩くことができます。

ここでの学生生活はどんなだっただろう、と想像しながら歩いてみるのもオススメです。

校舎やグラウンドとしての利用だけではなく、素晴らしいロケーションを持つ大野台パーク。白川町外の方でもお気軽に予約、申込をすることができます。

詳細は、こちらからご覧ください。


清流国体記念運動公園 大野台パーク
駐車場:150台

利用可能施設:グラウンド、体育館

URL:清流国体記念運動公園 大野台パーク 公式ページ

住所:岐阜県加茂郡白川町河岐148

ライフスタイル

, , , ,

ライター探してます

白川町の情報をチェック

姉妹サイト

IDENTITY名古屋

© 2018 IDENTITY.